生き方

【5分要約】Vol.35_男の条件 〜こんな「男」は必ず大きくなる〜

ゴミー
ゴミー
自分も魅力的ないい男になりたいなあ…

今回はそんなあなたにおすすめしたい1冊をご紹介します。

こんな人にオススメの1冊

✔︎ もっとかっこよく生きてみたい
✔︎ 器の大きな男になりたい
✔︎ もっと強くなりたい

こんにちは、ゴミー(@GOMIE_BLOG)です。
 
今回取り上げるのは、「人は話し方が9割」の著者でもある永松さんが書かれた「男の条件」です。
 
周りに男女問わず好かれる男の人っていませんか?自分は違う世界の人間と思っていないでしょうか?
 
彼らには共通点があり、その条件を知ればあなたもかっこいい男に生まれ変われます。今回も5分で読めるように解説していきます。

 

著者情報

 永松 茂久
 ・人財育成JAPAN代表取締役
 ・「永松義塾」主宰



・大分県中津市生まれ。講演の累積動員数は延べ40万人にのぼる。
・経営、執筆、人材育成、経営コンサル、ブランディングプロデュース、『永松義塾』の主宰など数々の事業を展開。
・『人は話し方が9割』、『黙っていても人がついてくる リーダーの条件』など著書多数。
 

 

 

かっこいい男の3つの条件

かっこいい男には、3つの条件があります。

1. 大切な人を守る覚悟


かっこいい男は、両親、恋人、友人、部下、子供など「大切な人」を守ることを最も大切にしています。
 
一方、かっこ悪い男は「自分さえ守れればいい」と考えます。
 
「守る」というのは、その人の存在を守こと。具体的には、居場所・立場・気持ち・肯定感・生活・安心感などです。
 
生きているとたくさんのピンチがやってきますよね。そんな時にかっこいい男は「仮に自分が損してもいい」という、覚悟を持って大切な人を守り抜きます。
 

2. 土壇場で逃げない


私たちは、人生を過ごす中で、常に選択と決断をしています。そして、何も考えていないとどんどんラクな方へ流れていくのが人間です。

ゴミー
ゴミー
この人の意見あまり共感できないけど、折れて賛成しておこう…

 
あなたも、こんなふうにそっと逃げていませんか?
 
こんな人は本当のピンチの時、絶対に逃げます。逆にかっこいい男は必ず向き合おうとするのです。
 

3. 信念を持つ

✔︎ 何のために生きるのか
✔︎ どんな風に生きていきたいのか

かっこいい男は、自分の生き方の軸、つまり「信念」を持っています。どんなに反対されたり、厳しい状況でも、自分の信念を貫こうとする男は存在感を増していきます。
 

かっこいい男の特徴


かっこいい男は必ず、「いい目」をしています。
 
「目は口ほどにものを言う」と言われますが、正しくは「目は口以上にものを言う」です。口では何とでもごまかせますが、目で嘘をつくことはできません。
 
では、どうしたらいい男の目になれるのでしょうか?
 
それは、「夢中になれることを一生懸命やること」です。
 
ゲームや何かを初めてやる時の子供の目って、絶対に輝いていますよね。
 
大人になっても一緒です。夢中になれない仕事、環境にずっと留まっていると、どんどん目は死んでいきます。今やっていることを心の底から楽しいと思えるか、一度考えてみてほしいと思います。
 
 

かっこいい男になる方法


世の中には、年収・学歴・外見といった目に見えるものと、性格・器の大きさといった目に見えないものがあります。
 
年を重ねるにつれて、目に見えないものの重要性がどんどん上がっていきます。そして男は、「腹が座っている」という言葉があるように、追い詰められた時に動揺しない男の格が求められます。
 
そんな男の格はどこで磨かれるのか。
 
それは「仕事」をする中。特に自分より格上の人間にぶつかっていく中で磨かれていきます。
 
当然あなたは負けます。
 
しかし、その負けから自分に足りない部分を見つけて、分析して諦めずに次の糧にしていく。これを繰り返すことが、腹の座っているかっこいい男に近づく唯一の道なのです。
 
 

かっこいい男は「いつかしたい」と言わない

✔︎ いつか転職したい
✔︎ いつか副業を始めたい
✔︎ いつか告白したい

こういう人は多いです(最近はコロナがいつか落ち着いたら…という人が増えています笑)
 
しかし、残念ながら、そのいつかが来る可能性は限りなくゼロに近いです。理由は2つあります。

1. いつかやりたいことは実はそんなにやりたくない


 
「いつかやりたい」ということは、「今は別にやらなくてもいい」ってことです。今大して必要でないことが、今後超絶やりたくなるでしょうか?
 
明確に時期を決めているのであれば話は別ですが、基本的には思い立った時が気持ちのピークということを忘れないようにしましょう。
 

2. 「いつかやりたい」の裏側には「今が不満」という要素がある


「いつかやりたい」と言う人は今に不満があります。
 
それ自体悪いことではありませんが、「いつかやりたい」と言うことで現状の自分を肯定しようとしているのです。

ゴミー
ゴミー
今は恵まれないけど、いつか○○するから今は仕方がない…

 
このように自分を肯定して不満を解消することで、一時的な精神的負荷は軽減されますが、結局やりたいことができなかったなんてことになります。
 
いい男は今に集中しています。本当にやりたいのであれば、「やりたい」という熱が冷める前に動きましょう。
 
 

かっこいい男は「For You」

世間には、For Me (自分優先)の人、For You (他人優先)の人がいます。
 
そして、かっこいい男は例外なく、For Youの精神を持っています。For Youの人になるための2つのポイントがあります。

1. 経済的に自立する


前提として、しっかり働いて、自分の生活は自分で維持できるようになることです。
 
まず、自分がしっかりしていなければ、周りの人を手助けする余裕は生まれません。人間は元来そういう生き物です。
 
自分が泳げなければ、溺れている人を助けることはできませんよね。
 

2. 精神的な自立


精神的にも自立しなければなりません。
 
1つは、依存しないこと。
 
会社、親などに依存することから抜け出して、自分の力で自分の人生を切り開いていく責任と覚悟を持ってください。依存すると、人は必ず弱くなる生き物です。
 
また、メンタルも強くないといけません。自分が病んでいる時に、病んでいる人に相談されても共感はできますが、助けることはできません。
 
自分の足で立つことが、まず一番最初のFor Youになるということを忘れないでください。
 
 

最後に

「男の条件」、いかがだったでしょうか?
 
上部だけでない本当にかっこいい男とは何かを教えてくれる男のバイブル。男性陣は一度ぜひ手に取って、今よりもかっこいい男を目指してみてください。

 
 
今回は以上になります。
最後までお読み頂きありがとうございました。今後も仕事や人生に役立つ情報をどんどんアップしていきますので、覗きにきてください。
 
ではまた!