本要約

【5分要約】Vol.24_多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。

こんにちは、GOMIE(ゴミー)です。
 
今回取り上げる本は、モヤモヤを消し去ってくれるとTwitterで50万回以上リツイートされて話題のマンガ『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』です。今回も5分で読めるように要約していきます。

 

著者情報

 Jam(ゲームグラフィックデザイナー・イラストレーター・漫画家)
 
・日常で起こる人間関係の悩みを描いたマンガ「パフェねこシリーズ」がTwitterで累計50万以上リツイートされるほど話題になる。
 

 

「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」

こんな名言があります。
 
「お芝居と同じように、人生にも上手な人と下手な人がいるのよ」
 
みなさんは上手に人生を生きられていると思いますか?
 
今って人類の歴史上、最も悩む人が多い時代なんて言われます。仕事・対人関係・恋愛だけでなく、SNSが普及したことで今まで感じなかった悩みも抱えてしまいがちです。
 
本書の著者であるJamさんもそんな一人で、ずっと人間関係で悩んでいたそうです。そんな時、友人が掛けてくれた一言が本書のタイトルでもある「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」でした。
 

どうゆうこと?(笑)と思われると思いますが、嫌なことを言ってきた当の本人は、今頃パフェなんか食べながら楽しんじゃってるよと。自分が酷いことを言ったなんてとっくに忘れて全く気にしていないんだよ、ということです。
 
つまり何が言いたいかというと、「こっちだけ悩んでいても意味ないし、もったいないよ」ってことです。本書には嫌な気持ちを引きずらないための64のコツが書かれていますが、今回は5つに厳選して解説していきます。
 
 

コツ1_自分の意見を言えない時

例えば、会議など大勢の場でうまく意見を言えない、そんな自分を責めてまた話せなくなる。そんな負のスパイラルに入ってしまいがちな人は、一度落ち込む前に「さっき自分が話せなかったのって本当に自分のせいだっけ?」と冷静に考えてみてほしいと思います。
 
もちろん、自分の準備不足だとか勉強不足など自分のせいであるケースもあります。しかし、本当にいつもそうでしょうか?
 
その会議自体が一定の役職以上の人しか話しにくい雰囲気であったり、リモート会議で普段より発言しにくかったり、ある程度経験値が必要な議題で若手レベルの経験では議論に追いつけなかったり、実は色々要因があるんですよね。
 

発言できなかった原因がいつも自分にあると考えるのではなく、実際には「環境が原因の時もあるんだ」と考えてほしいと思います。
 
 

コツ2_人と比べてできない自分に落ち込んだ時

人と比べたら常に負け続けることになります。なぜなら、上には上が必ずいるからです。
 
誰かと比べた時点でキリがないし、仮に勝てたとしても人生のほとんどの時間を我慢して過ごすことになってしまうのです。
 

また、冷静に考えてみると、そもそも僕たちはなんで人と比べてしまうのでしょうか?
 
それは「その人に近い実力を持っているから」です。
 
人間って本当に勝負にならない相手とは比べたりしないんです。例えば、イチローよりもヒットが打てなくても落ち込まないと思いますし、孫正義より仕事ができなくても落ち込まないと思います。
 
まず比べようと思わないですよね。そこに届く実力が自分にはあると実は思ってしまているからこそ人と比べて、自分の方が少し劣っていると落ち込んでしまうのです。だから、人と比べて落ち込んでいる時点でそんなに大差ないと思って下さい。
 
また、一番良いのは人ではなく昨日の自分と比べることです。「昨日より一歩進めた」と思うだけで自己肯定感も増して、自然とやる気が湧いてきます。
 
 

コツ3_自信が持てない時

自信がない時は、過去に自信を持てた時の写真を見たりして、その時のことを思い出してみて下さい。過去に頑張っていた時の自分が背中を押してくれて、少しずつポジティブな思考になっていきます。
 
一方、今まで自信なんて持ったことがないって方は、今までなくてもやってこれたということです。だから、無理して自信を持たないとなんて思わなくて大丈夫です。
 
以前「20代で得た知見」の記事でも書きましたが、自信がないからこそ、人の優れた部分が見えるし、真似しようと思えるし、スキルを盗もうと思えるし、どんどん改善したいとも思えます。自信はなくても全然大丈夫と考えれば、気持ちもかなりラクになると思います。

【5分要約】Vol.20_20代で得た知見今回取り上げる本は、2020年9月の発売以来、Amazonのランキングで1位となり重版が続いている『20代で得た知見』です。人生は出会った言葉、忘れがたい経験にいくつ出会って心を動かされたかで決まります。今回は5つのポイントに厳選して、5分で読めるように要約していきます。...

コツ4_人から褒められた時

誰かから褒められた時、「いやいや、そんなことないです」とすぐに否定してしまったり、むしろこう返すのが美徳と考えてる人って多いですよね。でも過剰な謙遜は、褒めてくれた相手に対して失礼です。
 
せっかく褒めてくれた方に「いやいや」と言うってことは、「あなたには見る目がない」と言っているのと同じだと考えて下さい。自信がないと言いながら自信満々に相手を否定してしまっているのです。
 
じゃあ、どう返したら良いのか。めちゃくちゃシンプルで「ありがとう」で大丈夫です。
 

また、「いやいや」と言われてしまうと、褒めた側も次の会話に繋げられなくて困るんですよね。謙遜のしすぎは自分にとっても相手にとっても、悪になるということを覚えておいてほしいと思います。
 
 

コツ5_辛い事ばかりだと感じる時

人間、生きてたら誰だってしんどい時はあります。それが人生です。生きてるってことです。
 
絶望的な経験をしてきた人の方が、後からそのキツさをバネにできるし、人間的な深みもあります(辛いその時はそんなポジティブに考えられませんが、、)
 
また、辛い時にしか見えないものもたくさんあります。微かな光が真っ暗なところにいないと見えないのと同じです。もし今しんどい方は、後に幸せになるために必要な時間だと考えてみて下さい。
 

そして、その辛い時間はずっとは続きません。絶望的な状況を乗り越えたら必ず光が見えると、暗闇にいるからこそ見つけられる幸せがあるんだと考えてほしいと思います。
 
 

最後に

何かに悩んでいたり、モヤモヤしている時に本書を読むと「自分の視野が狭まっていたな」と気付かされますし、何より4コマ漫画にとても癒されます(笑)
 
また、それぞれの4コマ漫画は独立しているので細切れの時間でも読めますし、漫画なので読書が苦手な方も楽しく読めると思います。疲れた夜の寝る前なんかは最適ですね。
 
仕事でしんどくなった、恋愛でしんどくなった、人間関係でしんどくなった、そんな時、そっとあなたを包み込んでくれる1冊です。

 
 
今回は以上になります。
最後までお読み頂きありがとうございました。今後も仕事や人生に役立つ情報をどんどんアップしていきますので、覗きにきてください。
 
ではまた!