心理学

【5人の法則】周り5人の平均があなたになる

ゴミー
ゴミー
周りの交友関係が変わって、昔と考え方が変わってきた気がする…

今回はそんなあなたに1つの法則をご紹介します。

こんな人にオススメの記事

✔︎ ネガティブな自分を変えて毎日楽しく生活したい
✔︎ 今の自分の交友関係を見直したい
✔︎ 周りの人間関係が与える影響について知りたい

こんにちは、ゴミー(@GOMIE_BLOG)です。
 
「周り5人の平均があなたになる」
 
今回は、この”5人の法則”と呼ばれる法則について取り上げます。本の要約と同様に、5分で読めるように解説していきます。
 

 

「5人の法則」とは


「あなたは最も多くの時間をともに過ごす5人の平均になる」
 
これはアメリカのジム・ローンという有名な起業家が提唱した法則で、5人の法則(つるみの法則)と呼ばれています。
 
簡単に言うと、どんな人と一緒に時間を過ごすかで、価値観や行動が変わり、結果的に仕事の成果や人生の豊かさを左右するというものです。
 
過去の自分の言動・考え方と、その時に一番近くにいた5人を思い出してみて下さい。

「あの頃は○○に夢中になって、毎日が楽しかったな…」
「あの頃は堕落した成長のない日々を送っていたな…」

その時々で価値観や行動は変わってきたと思いますが、実はそれらはすべて、周りにいる人が変わったことで自分も変わってきたのです。人は良い意味でも悪い意味でも、気付かないうちに周りの環境に大きく影響を受けています。
 
一例ですが、ビルゲイツの親友はウォーレンバフェット、正岡子規の親友は夏目漱石ということからも、周りが与える影響は大きいということが分かります。
 
 

動けなくなる金魚の話

興味深い実験があります。
 
金魚が泳いでいる水槽があったとします。真ん中を透明な板で仕切り、片方に金魚を集め、もう片方は水だけの状態にします。
 

金魚は最初は反対側へ行こうとしますが、板で行けないことに次第に気付き、しばらくすると片方だけで普通に過ごすようになります。
 
この状態で板を外すとどうなるでしょうか?
 
板がないのに反対側へ行こうとはせず、ずっと狭い片方だけに留まるのです。
 
「どうせ向こう側にはいけない」と学習してしまい、板はないのに挑戦しなくなってしまうのです。これを「学習性無力感」といいます。
 

学習性無力感とは

抵抗も回避もできないストレスに長期間さらされると、そうした不快な状況から逃れようという意志すら無くなること。
引用元:学習性無力感とは?

 

あなたの周りの「透明な板」


これは人間でも同じことが起こります。一度自分には無理だと思ってしまったことは、今後も一生できないと勘違いしてしまうのです。
 
しかも、人間の場合は、周りに否定的な声を掛けてくる人が一定数必ずいます。

「どうせ無理だからやめておいた方がいい」
「なんでそんなに頑張ってるの?」
「世の中そんなに甘くない」

こんな言葉によって、存在しないはずの「透明な板」を勝手に作られてしまうのです。だからこそ、周りの環境、特に周りの5人がめちゃくちゃ大事だということです。
 
 

5人を決める具体的アクション

「自分がなりたいと思う5人の近くに身を置くこと」が如何に大事かを分かって頂けたと思います。
 
ここからは、そういった環境に身を置くためのポイントを2つ解説します。
 

1. まずどうなりたいかを考える


自分がなりたいと思う人の近くに身を置くべきと言いましたが、そもそも「自分がどうなりたいか」が決まっていないと選びようがありませんよね。
 
これは、以前要約したビジネス書である「イシューからはじめよ」の考え方にも繋がりますが、自分の軸(コンパス)を定めることが最初のステップになります。

【5分要約】Vo.1_イシューからはじめよこんにちは、ゴミー(@GOMIE_BLOG)です。今回取り上げる本は、35万部突破*。ビジネスマンなら必読中の必読書『イシューからはじめよ』です。主に忙しいビジネスマン向けに、今回も5分で読めるように要約していきます。*2021年5月時点...

 
また、自分に合う人よりも、なりたい人(目標にしたい人)を選びましょう。そういった人からの方が、単純に学びが多いからです。
 
なりたいと思う人は、歩く教科書です。教科書にあってまだ自分にはないものを、どんどん吸収していきましょう。
 
 

2. 周りとは物理的な距離ではない


なりたい理想像が定まったら、実際にそんな人の近くに身を置いて下さい。
 
ここでの近づくとは物理的な距離ではなく、心理的な距離です。例えば、職場が一緒でも全く話さなければ、それは距離が近いとは言えません。
 
とは言っても、すぐに環境を変えるのが難しかったり、目標にしたい人が近くにいない場合もあると思います。
 
そんな時は、本やYoutubeなどから目指したい人を選びましょう。
 
この方法であれば、スティーブ・ジョブズ、孫正義、イチローなど、どんな成功者の近くにも身を置くことができます。
 
特に、スマホ・SNSの時代が到来し、昔と比べてこういった普通は出会えない人の思考に簡単に触れられるようになりました。
 
これが何を意味するのか。
 
情報を取りにいく人と、取りに行かない人の格差がどんどん大きくなるということです。
 
もう講演会などに足を運ばなくても、スマホを開けば勉強できます。実社会ですぐに環境を変えられない方は、本や動画で最強の5人を周りに置いてみて下さい。
 
 

良い交友関係を築くおすすめ本

ゴミー
ゴミー
大人になってから周りの人間関係って変えられるものなの?

なかなか変えることは難しいと思われる人間関係ですが、勇気次第でいつでも変えられます。
 
ここでは、そんなノウハウを教えてくれるおすすめ本を厳選してご紹介していきます。
 

5位 まずは、「つき合う人」を変えなさい! / 山本 亮


人生って、意外とあっさり好転します!
 
何をやっても長続きせず、グダグダな〈半ニート生活〉を送っていた著者。ある日、自分を変えてくれるスゴイ人たちと出会うことで、人生が一変します。良い習慣が身につき、やりがいある仕事を見つけ、莫大な資産を手に入れ、セミリタイアできたのはなぜなのか──。
 
本書では、「いい人との出会い方」「人間関係の築き方」「人生が好転する仕事観・人生観の磨き方」などを紹介しています。仕事やお金、人生に対する見方がみるみる変わり、「閉塞状況から抜け出したい」「できれば仕事を楽しみながら年収もアップさせたい」「とにかく人生を好転させたい」といった数々の思いを形にしていくことができるはずです。

 

4位 大人になってからの人間関係 / キーラ・アサトリアン


「リレーションシップ・コーチ(=人間関係形成のエキスパート)」が教える大人のための「人間関係構築」大全!
 
「何だかうまくいかない」「どうも心が重い」……その原因は、ちょっとした人間関係の不調和かもしれません。
 
友人・同僚・パートナー・家族・ご近所……の関係を改善して、人生の快適度を格段に上げる、ヒント&行動集。どんな人でも、今、何をすればいいかがすぐにわかる「あなたへの課題」リスト付き!

 

3位 バカとつき合うな / 堀江 貴文、西野 亮廣


「『バカ』という一見ネガティブな言葉をキーワードにしながらも、失敗を恐れず一歩踏み出す勇気を与えてくれる一冊となっている」
 
感動&共感の声、続々!大丈夫、あなたは間違っていない。今すぐ自由になろう。
 
あなたがなりたいあなたになるための、心からのエール。新時代を生きる28の最強の教え!

 

2位 成功する人はなぜ、「この7人」を大事にするのか? / リー・ウェイウェン


迷ったとき、困難に直面したとき、大きな目標を成し遂げたいとき――
 
あなたの力になってくれるのは「誰」ですか?
 
一生のうち、自分が影響を受ける人の数は90人以下。そのうち、世界観と価値観に深くかかわる人の数は30人以下。さらに、そのうちのたった「7人」が、7つの影響力によって、あなたを導き、鍛え、守り、「偉大で完璧な人生」を歩むための手助けをしてくれる――。
 
本書では、「アジア一の大富豪」リー・カシンのもとで経験を重ね、「史上最強のアメリカ副大統領」ディック・チェイニーの側近にまでのぼりつめた著者が、人生を変える「人づきあい」のルールと実践的アドバイスを紹介します。
 
一生の9割を決定づける、たった1割にも満たない「大事な人間関係」とは?
 
本書を通じて、迷ったときや困難に直面したとき、大きな目標を成し遂げたいときに力になってくれる「大事な仲間」を見つけだしてください。

 

1位 人間関係をリセットして自由になる心理学 / メンタリストDaiGo


「トモダチ」は、たくさんいらない!!
 
あなたに必要なのは、「30人」とのつながり!人間関係は「選択」と「カット」でより充実したものになる。
 
やっかいな人、めんどうな人、苦手な人に、つい振り回されてしまうのはなぜなのか。人間関係を自分で選択することで、他人に振り回される不本意な人間関係から抜け出し、自分自身の人生を手に入れる方法を解説。あなた自身の人生を取り戻せば、仕事の成功、心身の健康、最高の幸福感が手に入れられる。
 
どのようなメンタルをつくり、人間関係をいかに選択し、さらには「処分」していくのか。あなたの人生を充実したものにしてくれる「30人とのつながり」の見つけ方を説く。特別付録として、人間関係を変えるための8週間ワークを収録。

 
 

最後に

ゴミー
ゴミー
”5人の法則”は、自身の経験からも本当に実感しています!

僕は大学院2年間のほとんどの時間を、研究室の同期5人と過ごしていました。

❶ 研究
❷ 大学院入試
❸ 学会
❹ 就活
❺ 旅行 など

これらを切磋琢磨し合いながら頑張る中で、他の研究室と比べてどれも高い成績を収めることができました。また、自分もどこにでもいる堕落した大学生でしたが、考え方・価値観がこの2年間で180°変わりました。
 
それ以降は周りの人の大切さに気づき、自分の近くにはただワイワイ遊ぶだけではない”仲間”と呼べる人たちがいます。この記事をきっかけに、皆さんにも高め合える”仲間”ができることを願っています。
 
一方、これまで築いてきた人脈や、仲の良い友達との縁をバッサリ切りましょうと極論を言いたい訳ではないので、誤解しないで下さい。
 
時にはリフレッシュも大事ですし、人を大切にしない人の周りには友達も仲間も誰も集まりません。気の知れた友達・同僚・彼女・家族も、これまで通り大切にして下さいね。
 
 
このブログでは『5分で読める本の要約シリーズ』も発信しておりますので、興味のある1冊を見つけたい方はぜひ立ち寄ってみて頂けると嬉しいです。
 
また、最初はハードルが低い「聴く読書」から始めたいという方は、『Audible』の1ヶ月無料体験がおすすめです。
 
▼「Audible」無料体験はこちらから(30日間無料)

 
 
さらに、本を月に1冊以上読まれる方には、『Kindle Unlimited』の1ヶ月無料体験がおすすめです。少しでも迷われていたらまずは試してみてはいかがでしょうか。
 
▼「Kindle Unlimited」無料体験はこちらから(30日間無料)

 
 
今回は以上になります。
最後までお読み頂きありがとうございました。今後も仕事や人生に役立つ情報をどんどんアップしていきますので、覗きにきてください。
 
ではまた!